Collabo
前からやってみたかったこと、やりましょう!

Collaboは「面白い企画」を通じて「仲間を増やす」仲間作り系コミュニティです。

今すぐ体験してみませんか

今月のピックアップ企画

「エクストリーム・アイロン掛け」は、人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンを掛けるエクストリームスポーツです。今ヨーロッパでオリンピック種目に申請出してるくらいの立派なスポーツです。場所としては、難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や、森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大きな銅像の頂上、大通りの真ん中、アイロン掛けの目的をほとんど無視して、スキューバ・ダイビングをしながら行うこともあるそうです。是非、究極の地でしわを伸ばしていきましょう(^^)/
コラボ企画
運営企画
ベースジャンピング(BASE jumping) 、またはベースジャンプ (BASE jump) は、地上にある建造物や断崖などの高いところからパラシュートを使って降下するスポーツである。飛行機から飛び降りるスカイダイビングと比較して非常に危険であり、エクストリームスポーツの一つに分類され、その中でも最も危険なものとされる。ベースジャンピングのベース (B.A.S.E) は飛び降りる場所を意味する頭字語(アクロニム)である。 BはBuilding(ビルディング、建築物) AはAntenna(アンテナ、人の住んでいないタワー) SはSpan(スパン、橋桁) EはEarth(アース、断崖などの自然) を意味する。   ベースジャンピングの歴史は1900年代初頭から断片的に始まった。1912年にフレデリック・ロー (Frederick Law) がアメリカ・ニューヨークの自由の女神像からジャンプした。また、スロバキア人のステファン・バニッチ (Štefan Banič) が、自身の発明した近代的なパラシュートをアメリカの特許庁とアメリカ軍に宣伝するため、ワシントンD.C.にあったビルの41階から降下した。1966年にマイケル・ペルキー (Michael Pelkey) とブライアン・シューベルト (Brian Schubert) が、ヨセミテ渓谷にある断崖、エル・キャピタンから降下した。1976年にはジェームズ・ボンドが活躍する映画『007 私を愛したスパイ』の冒頭シーンを撮影するため、スタントマンのリック・シルベスター (Rick Sylvester) が、カナダのアスガルド山からジャンプした。これらのジャンプは、パラシュート降下の新しいスタイルを系統的に模索するようなものではなく、1回限りの散発的な実験であった。 頭字語である「BASE(ベース)」は、映画制作者のカール・ボーニッシュ (Carl Boenish) によって創られた。彼は1978年にエル・カピタンで初めての降下を映像におさめた。自由落下する際のトラッキングと呼ばれる(空中で体を水平に保ち移動したりスピードを調節する)テクニックと、ラムエアパラシュート(ラム圧パラシュート)で降下する様子を収めたこの映画は、近代のベースジャンピングの定義づけに大きな影響を与えた。この映像がきっかけとなって、宣伝や映画撮影ではなく、レクリエーションスポーツとしてのベースジャンピングが行われるようになった。また、映画によってスカイダイビング愛好家たちの間でベースジャンピングが広く人気を得た。ボーニッシュは、1984年にノルウェーの断崖で亡くなるまで、ベースジャンピングの映画や雑誌を発表し続けた。このころまでには、ベースジャンピングの趣旨は世界中のスカイダイバー達に広まった。   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0
コラボ企画
運営企画
バレーボール(英: volleyball、英語発音: /ˈvɑliˌbɔːl/ ヴァリボール  音声(ヘルプ / リンク))は、ネット越しにボールを打ち合う球技である。1チーム6人、または9人で行われる。9人制は主に「ママさんバレー」として日本では行われているが、世界的には普及しておらず、国際試合は6人制で行われている。6人制では1セット25点(5セットマッチ/5セット目は15点まで)で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。   下記をバレーボールとして1つのカテゴリに集約しています。 バレーボール ビーチバレー ソフトバレーボール

みんなの企画をもっと見たい方はこちら(現在企画数134件!)

ご意見・ご感想
ご感想、またはお気づきの点などがありましたら運営までお知らせください。

なお、このフォームよりいただいたご意見の返答は原則おこなっておりませんが、いただいたご意見の内容によってはこちらから返答・ご連絡をさせていただくこともございます。