Collabo
前からやってみたかったこと、やりましょう!

Collaboは「面白い企画」を通じて「仲間を増やす」仲間作り系コミュニティです。

今すぐ体験してみませんか

今月のピックアップ企画

「エクストリーム・アイロン掛け」は、人里離れた場所でアイロン台を広げて服にアイロンを掛けるエクストリームスポーツです。今ヨーロッパでオリンピック種目に申請出してるくらいの立派なスポーツです。場所としては、難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や、森、カヌーの上、スキーやスノーボードの最中、大きな銅像の頂上、大通りの真ん中、アイロン掛けの目的をほとんど無視して、スキューバ・ダイビングをしながら行うこともあるそうです。是非、究極の地でしわを伸ばしていきましょう(^^)/
コラボ企画
運営企画
パワースポット(power spot)とは地球に点在する特別な“場”のこと。和製英語である為、海外では通用しない[1]。 エネルギースポット、気場とも言う。   『世界のパワースポット: 癒しと自分回復の旅ガイド』という本では、パワースポットには人を癒すとされる水があったり、人に語りかけるとされる岩があったり、あるいは磁力を発する断層があったりすると解説されている[2]。 欧米ではボルテックス、vortex、ヴォルテックス(渦巻き)の噴出する地、という概念が有る。セドナ (アリゾナ州)などが有名である。 荒俣宏は、「パワースポットは大地の力(気)がみなぎる場所と考えればよい」と述べ[3]、そもそもパワースポットという言葉こそは新しいが、昔から大地の力を得ようとする試みはあった、と指摘した[3]。荒俣は日本で言えば「熊野三山詣で」がとても古い事例であると説明した[3]。荒俣は、本来なら厳しい修験を行ってはじめて得られる力を、その場所に詣でるだけで得られる、身分性別を問わず得られる、という画期的なものであった[3]とし、ただし何の宣伝もなしに人を集められるわけではなかったので言い伝えが用いられた[3]、同様に伊勢神宮にお参りする「お伊勢参り」でも「修験者しか得られないパワーを性別身分を問わず得られる」と宣伝した、と説明した[3]。 All Aboutでは、パワースポットやスピリチュアルスポットなどと呼ばれるようにもなった場所も、本来は信仰の場であって自然崇拝が行われていた場であったところが多い、とされている[4]。 そういう場所は伝統的に霊場とか聖地sacred placeなどの呼称で呼ばれていた。 宗教学的な見地からは、ミルチア・エリアーデは、自然に対する信仰のうち、山、岩などは天上・地上・地下を結ぶ宇宙軸を、大地や水などは死と再生を象徴するもので世俗生活の根底にあり、それを支える世界観の重要な部分をなしていると分析した[5]。(→#歴史) 荒俣は「パワースポットでは自分なりに大地の気を感じることが大切だ」とした[3]。 ただし、パワースポットを巡って何かと批判も多い(後述)。   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88 Wikipedia
コラボ企画
運営企画
カイトサーフィン(kitesurfing)は、カイトボードというスポーツの競技種目。カイトボードは専用のカイト(凧)を用いて、ボードに乗った状態で、水上を滑走するウォータースポーツである。 カイトボードは、カイトボーディングとカイトサーフィンとに分類される。カイトボーディングは、ウェイクボードのようにグラブやロールなどのマニューバを主目的とし、フリー・ライディング又はフリー・スタイルと呼ばれ、カイトサーフィンは、サーフィンのように波に乗ることを主目的とし、ウェイブ・ライディング又はウェイブ・クラスと呼ばれる。カイトサーフィンはフライサーフィンと呼ばれることもある。 カイトボードの動力は、帆ではなく凧であることから、カイトセーリングという呼称を用いる例は稀であるが、カイトボードでの滑走をセーリングと呼ぶ表現は用いられることもある。     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3 (Wikipedia カイトサーフィン)

みんなの企画をもっと見たい方はこちら(現在企画数134件!)

ご意見・ご感想
ご感想、またはお気づきの点などがありましたら運営までお知らせください。

なお、このフォームよりいただいたご意見の返答は原則おこなっておりませんが、いただいたご意見の内容によってはこちらから返答・ご連絡をさせていただくこともございます。